マンション貸す時に気をつけた点

原状回復費用も付けると安心て貸し出せる

マンションを貸すなら不動産屋に頼った方が良い | マンション貸す時は相手の保証人付けてもらおう | 原状回復費用も付けると安心て貸し出せる

いくら条件の良い方でも急な病気で働けなくなる可能性も考えられるので、保証人は絶対に付けたほうがいいと私は考えます。
他にも気をつけたい点が、原状回復費用にいくら請求するかです。
私のマンションは綺麗に清掃したので、入居者にも綺麗に利用して貰いたいですが、実際には住み続けている限り、部屋は汚れてしまうので、部屋を明け渡ししてもらう際には原状回復費用を請求しなくてはなりません。
私も実際にマンションを貸し出してから何度か入居者の所に訪問しましたが、タバコを吸われている様子で、壁紙も汚れているような状態でした。
タバコを吸うのは仕方がないのですが、換気を行ってくれると壁紙の汚れもマシになるので、もう少し気を使って住んでほしいとは頭に浮かびましたが、あまり言うと退去にもつながるので、特に注意はしなかったです。
しかし、今の入居者が退去した後には壁紙の張替えを再度行う必要があるので、多くの資金がかかってしまうのではないかと心配です。
契約時に原状回復費用の話はそこまで盛り込んでいなかったので、次から貸出をする時にはきちんと原状回復費用も契約書に書き入れるのと口頭でも説明をしたいと考えています。
契約書と口頭で説明をする事で、部屋を明け渡しする際にもトラブルなく、明け渡しを行う事ができるからです。